消費者金融にある総量規制対象外のおまとめローン

消費者金融にある商品のすべてが総量規制の対象になるわけではありません。
貸金業に対して個人への貸付金額を制限するためにある総量規制ではありますが、例外になるローンもいくつかあります。
その中の一つ、「顧客に一方的に有利な借り換え」はおまとめローンを指しています。

 

おまとめローンは複数の借り入れを一本にまとめる借り入れです。
返済専門となっており新しい借り入れはできません。
借り入れ金額を1社にまとめることであとは返済だけを専門として行うことになります。
流れを確認してみましょう、おまとめローンの仕組みは勘違いされがちです。

 

カードローンでも常に人気のあるアコム、アイフル、モビットからの借り入れをプロミスにまとめてみましょう。
プロミスには総量規制に基づいたおまとめローンがあります。
申し込みをして審査に可決となればおまとめローンが利用可能です。

 

通常のフリーキャッシングと違う点は、現金を手にすることはないということです。
プロミスが、契約者の名義でアコム、アイフル、モビットに完済するための金額を振り込みます。
プロミスが完済を代行しましたので後はアコム、アイフル、モビットに借入残高はありません。

 

ここで3社との契約を解除することをお勧めします。
借り入れ金額をまとめたプロミスにだけ借入残高があることになります。
追加融資はできません。
プロミスにまとめた借入残高を返済していきます。

 

おまとめローンの仕組みはおわかりになりましたでしょうか。
消費者金融でもおまとめをすることができます。
一方銀行カードローンでは総量規制がありませんので借り入れ金額に対して法律で決められた制限はありません。
そのためおまとめ専用のローンがある銀行はほとんどありませんが、銀行カードローンの資金使途は自由となっていますのでカードローンの中でおまとめを利用することができます。

 

消費者金融はおまとめローンとしての商品でも金利はそれほど優遇されるものではありません。
むしろ現在の借り入れ金利と変わりはないでしょう。

 

消費者金融でのおまとめは金利を低くするためのものではなく返済を一か所にまとめて返済を楽にするためのものです。
一方銀行カードローンは融資限度額に応じて金利が決められています。
その金利も融資限度額が高くなるほどに低くなっていきますので返済にかかる負担を軽減できます。
おまとめをするときには何を重視するのかを慎重に考えましょう。

女性も利用しやすい消費者金融ってあるの?

消費者金融では女性も利用がしやすくなりました。
そうはいっても収入がある主婦に限られます。
つまりは兼業主婦だけということです。
消費者金融を管理する改正貸金業法では配偶者貸付も認められています。
配偶者貸付とは本人に収入がない専業主婦でも配偶者の収入を審査の対象として借り入れができるようになっています。
残念ですが現在の消費者金融ではこの配偶者貸付を行っているところはありません。
プロミスでも安定した収入が本人にあることが利用のための条件となっていますので専業主婦は借り入れができません。

 

収入がある女性であれば主婦でもアルバイトでもパートでも借り入れができます。
最近の消費者金融は女性にとっても利用がしやすくなりました。
レディースキャッシングがあるからです。

 

レディースキャッシングは利用条件には通常のもの意外に女性であることが加えられています。
申し込み方法は変わりはありませんがすべては女性スタッフが対応します。

 

現在の消費者金融は利用者の7割が男性です。
消費者金融業者は新しい顧客層の開拓として女性客の取り込みを行っています。
また、女性客は返済率が高いというデータから見てもリスクの少ない優良顧客として考えられています。

 

レディースキャッシングとはいっても概要が変わるわけではありません。
金利や返済、借り入れについては変わりがありません。
単純に女性スタッフが対応すること、ここだけに違いがあります。
消費者金融の利用は女性にとっては勇気がいることでしょう。
簡単には消費者金融の門をたたけるものではありません。
インターネット申し込みであれば一切の手続きに顔を合わせることはありませんが、しかし在籍確認があります。
実際に電話がかかってくるとき男性スタッフからの電話であれば都合がよくないこともありますし、また抵抗がある方もいるでしょう。
全て女性スタッフが対応となれば女性が申し込みをするときにそして利用をするときに安心があるはずです。